【英語】イギリス人の挨拶

イギリス人の毎日の挨拶で一番一般的なのは

Are you ok?

Ok?

Alright?

未だに返答が苦手です。毎日交わしているのにも関わらず。

イギリス人同士はこんな感じで挨拶を交わしているのをよく聞きます。

A: Alright?

B: Yeah, alright, you?

A: Good thanks.

または

A: You ok?

B: Yes, good thanks, you?

A: very well, thanks

ってな感じですかね

私はどうしてもyou?と付加が出来ず、How are you? とか How about you?とフルセンテンスで聞き返しちゃいます。癖ですね。You?って何か失礼な感じがしちゃうんですよね。私の頭の中で「あんたは?」っていう訳になってるからかな?

How are you?と言う質問に多い回答は、Not too bad これってアメリカでは言わない様です。

A: How are you?

B: Not too bad, yourself?

A: Not too bad at all.

B: Good

あと、必ず皆さん質問の後に名前を付けます。これも私が苦手な習慣です。

Good morning, Jenny.

How are you, Kate?

また、終業時間近くになると

Any plans for this evening, John? の様にとめどもない会話をしてきます。私は通常特に何のプランも無いので毎回返答に困りますが、No, nothing specialとか言って、すぐにyourself?と聞き返してその場をしのいでます(笑)聞いてくる相手がなにか特別なイベントがある訳でもないんですよね。”Same here”と答えが帰って来るか、取り留めの無い今夜の夕飯プランを話してきたり。結局目的は会話をする事なんだと思います。内容は何でもいいんですよね。それがイギリス流礼儀作法なんでしう。

イギリス人は当たり触りの無い会話をするのがとても上手ですね。お天気の話(暑い、寒い、雨が降る)なども好きですね。

先日は、大きな虹がオフィスの窓から見えたとき pot of gold at the end of the rainbowって言う表現知ってる?などと聞いてきました。

男性陣はやっぱりフットボール(サッカー)の話題が多いですね。

就業時間、結構みんな黙々と仕事をしているのですが、そんな中でも、こんな何気ない会話で同僚とのコミュニケーションを図っている感じがします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村

海外子育てと日本語学習 ①

これは私にとって永遠のテーマです。

残念ながら、子供が両親の母国語を何の努力もせずにして習得すると言うことはありません。現地の言語、家庭での言語、学校やお友達との間で使用する言語によって習得度が違ってきます。当然のことながら、一番触れてる言語が優位になるわけです。

我が家には8歳の息子がおり、学校と家庭の言語が英語なので日本語の習得に苦労しています。共働きですので、息子が日本語と接触する時間が極端に短く、その為、特に小さい頃は日本語を勉強する意味が理解できないようでした。強制すると抵抗もしますし、それによって日本語がトラウマにならないようにと飴とムチで付かず離れず続けて来ました。

ロンドンで子育てをしている仕事場の先輩から「うちは毎日欠かさず寝る前に読み聞かせをした。」と言うアドバイスを貰い、読み聞かせは頑張って続けていますが、毎日は出来てません😢

抵抗期

うちの場合、5-6歳のころ日本語学習に対し抵抗がありました。何度か、「どうして日本語を勉強するのか」と聞かれ、その時の私の答えは「おばあちゃんは英語が分からないから、好きなおもちゃを買ってもらえないよ」でした。子供なりのモチベーションが必要ですよね。

この時期は現地校もスタートし、友達の和が急に広がる時期。独立精神も出てきて学校で学ばない日本語学習の目的に疑問を思いはじめるようでした。そして、読み聞かせ用の絵本選びも難しくなってきます。

ある程度込み入った物語に興味を持ち始め、現地校で読む本のレベルが上がってきます。一方で同じレベルの物語を日本語では理解が出来ず、2つの言語レベルに大きな差が出てきた時期でした。その結果、本人も戸惑いを感じたのでしょうか、必要の無い日本語をなぜこの母親は無理矢理使うのか、と思っていたようでした。家族の言語が英語なので「ママは英語ができない」と言う理由は当然使えず、日本語学習のモチベーションを考える時期です。

うちに場合、この時期が一番の試練の場でした(今のところ)。その時、助けられたのは同年代の日本人ハーフの男の子友達です。なぜ男の子、とわざわざつけたかと言うと、この時期、男の子と女の子の遊び方に差が出はじめ、女の子しか持たないお母さんには理解できない悩みも一杯あるからです。女の子の方が精神的発達が早く、落ち着きがありますし、日本語学習に対しても積極的な印象を受けました。一方で男の子チームは体を動かすことが一番楽しく、分けの分からないから言語が面倒なようでした。

次回は「どうやって抵抗の山を越えるか」です。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村

イギリスが目覚めるとき

いよいよ夏時間の到来です。

3月と10月の年2回、イギリスでは1時間の時間調整があります。冬時間のグリニッジ標準時は10月最終日曜日から3月のの最終土曜日の5ヶ月で日本との時差が9時間、一方夏時間は3月最終日曜日から10月最終土曜日までで、時差が8時間に縮まります。この夏時間の到来のより、一気に日暮れ時間が遅くなるのです。

今年は3月最終日曜日が31日だったので、とても遅い夏時間の到来でした。この頃徐々に気温も暖かくなってくるのですが、緯度の高いイギリスはちょっと風向きや気圧の変動によって温度が10度も上下します。先週はぽっかぽかの春日和で、お天気もよく、お散歩や日向ぼっこ日和でした。しかし日曜日に7度下がり今週は最高気温10度以下の日々が再来します。冬に逆戻りです(泣)

3月の時差調整は日曜日に1時間損をした気分になります。朝7時に起きたつもりが、実は8時へと化けるのです。その為、翌日の月曜日は出勤が特に辛いですね。例年はイースターホリデーとかぶっているケースが多いので子供が学校に戻る頃には時差ボケが調整されているのですが、今年はイースターも遅く、月曜日は平常通りの通学で、我が息子も朝「眠い」とぼやいていました。

ちなみにヨーロッパ大陸でも同じ時間調整がされるため、イギリスとの1時間時差は変わりません。これから6月まで日が益々長くなり、夜11頃まで暗くならない時期が来ます。これもまたこれで慣れてないと寝不足になります。そのため我が家は暗幕カーテンを使用してます。

ともあれ夏時間の到来により冬が開けた〜という清々しい気分になります。そして今後、屋外でのイベントが増えてくる時期でもあります。個人的にはロンドン旅行は5月〜7月がおすすめですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村

イギリスのスーパーで面白い体験。未来の買い物

今日はASDAの Scan & Go 体験をしてきました。このシステム、以前Waitroseで見かけたことは有ったのですが、実際体験したには初めて。

スキャナーを持って商品をスキャンしながら買い物ができ、最後に支払いをするだけ。レジで商品を読み込んで、支払いのあとに袋へ詰め替える手間がなく、買い物時間が短縮できます。最初にお店で携帯番号を登録して、次回からは携帯番号を入れるだけで済むシステム。買い物をしながらいくら掛かるか分かるのも、とても便利です。防犯システムがどうなっているのか、ちょっと興味があるところ。

以前にアマゾンのAmazon Go と呼ばれるレジ無しショップがアメリカでオープンした話を聞きましたが、それがロンドンにも近々やって来るらしく、ちょっと楽しみです。近い将来はレジのアルバイトもなくなりますね。

さっきホリエモンのインタビューで、テクノロジーの発達により、人が働く必要がなくなる時代がすぐに来ると聞きました。今から10、20年後がいったいどんな世界になるのか楽しみです。

最近、日本ではAIを使用して、遠隔操作で体の不自由な人がレストランのウェイターとして働くための実験がされたみたいですが、このようなテクノロジーの発達、また、それを思い付く人って凄いなーと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村

イギリス人と働いていて気づいたこと

イギリス人は早起き?勿論みんながそうって言う訳ではないが、仕事場の同僚にはKentやEssexというロンドン郊外に住居を持ちロンドンまで毎朝1時間から1時間半掛けて通勤している人たちが多く、彼らは朝の通勤ラッシュを避けるため、9時出勤の仕事場へ朝8時~8時半頃出社し、帰りは5時きっかりにダッシュで退勤する。若者は仕事後に友達とディナーや映画、飲み会に行ったり、子供がいる家族持ちの人たちは夜、家族との時間を取りたいからだ。

朝8時ごろ出勤するために、彼らは6時半から7時までには家を出ていることになる。イギリスの冬は8時過ぎまで日が上らないので、朝、寒く薄暗い中家を出発し、仕事場に到着する頃ようやく薄明るくなっている状態だ。 でもそうすることによって通勤ラッシュを多少緩和することができるし、夜は自分の時間としてエンジョイ出来る。6時くらいまで残って仕事をしている人たちはマネージメントかロンドンに住む人たちが多いかな。 ともあれ、日本人のように毎日長時間働くということは絶対にしない。 勿論必要によってランチ時間を短くしたり、残業したりすることもあるが、マレである。

一方で投資会社の人は泊まりで仕事をすることもあると聞くし、業種や会社の文化によって違うと思うので、一概にイギリス人がそうだとは言えなのでご了承を。

以前の私は始業時間ぎりぎりに出勤し、夜は9時くらいまで残業する超日本的ワークスタイルだったが、今の職場に異動して、日本人がほとんど居ない環境で働き始めてから、私の働くスタイルも変わった。マネージメントは長時間働くことに関しある程度の感謝はあっても、逆に、いったい何が問題なのか?と疑問を持つようだ。ある特定の人だけが常に残業をしているという事は、その人の仕事の仕方に問題があるか、組織形態に問題があるのではと思うようだ。私の仕事場は残業代が出ないので、残業をしても会社にコストが掛かることはない。でも長期的に見たとき、継続的な長時間労働は生産性が悪いし、健康にも悪い。イギリス人は家族や仕事以外の自分の時間をとても大切しているように思え、長時間仕事場に身をおくなど考えられないのだろう。

国別の生産性の表を見たことがあるが、日本はKAIZENで有名な割には、非常に生産性が悪い。一方で日本はサービスの質の高さは世界一だ。お客を喜ばせるために他の国では無駄と思われることに時間を掛けているのだろう。それが悪いとは思わないがその為に自分の時間、家族の時間を削り、また、周囲との足並みを揃える文化から、一人だけ早く退勤するのは非常に難しい。いやー、日本で働いてなくて良かったな~。

私の今の目標は、いかに短期間に効率的に集中して仕事を終わらせ、それ以外の時間を充実させるかである。それが意外と難しんだよね。効率良く、インパクトの大きい順に優先順位を付けるのって。時間を制覇するものは世の中を制覇するってどこかに書いてあったけど、本当にその通りだと思う。😀
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ノマドって何? 未来の働き方

最近ノマドという言葉をよく耳にするが、なんじゃそれ? 野窓?No Mad?

ウィキによる以下のように記載されていた。

A nomad ((in Latin) “people without fixed habitation”)is a member of a community of people without fixed habitation who regularly move to and from the same areas, including nomadic hunter-gatherers, pastoral nomads (owning livestock), and tinker or trader nomads.

日本語にしろ英語にしろ、最初の印象とは全く間違っていたが(笑)要するに固定した居住場所を持たずに移動し続ける人々のことらしい。家畜の餌や食料を求めて移動しつづける民族をイメージするが、今の時代、新たなノマド族が若者を中心に増えているらしい。

ネットビジネスがが多く浸透した今、仕事と旅を両立させている若者がいる。そんな人々がノマド族の中心で、ひと昔前では考えられない現象である。

実は私の仕事場でも週2日まで必要に応じて自宅勤務が出来ることになっている。ノマド族とは程遠いが20年前では考えられない環境だ。

自宅勤務の良いところは集中できるところ。オフィスだと周りで話している声や、直ぐ近くにいるが故、質問攻めにあうこともしばしば。自宅勤務はおかげで作業がはかどって嬉し。とは言っても、普段顔を合わせているからこそ同僚とのコミュニケーションが円滑に行き、自宅勤務もエンジョイ出来るというもの。要は何事もバランスが重要ということだ。

よく耳にするwork life balance。勤務先での自宅勤務導入で、一歩近づいた気がするが、息子が働き始める15年後はいったいどういった労働形態が存在するのだろうか。VRオフィスに出勤して、通勤が全くなくなる時代がくるのだろうか。

イギリスの会社は、日系であろうと交通費を社員に支払わないので、そんなVR事務所時代が来たらさぞ多くの人達が喜ぶだろうな~。にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

イギリスはロンドンに住み始め、あっという間に20年が過ぎた。英語学習、子育て、イギリス、ロンドン情報などを発信