Category Archives: 生活

イギリスで家の改築をしたらどうなる?! ①

今回はイギリスでの家の改築の苦労実体験!をご紹介したいと思います。実はまだ継続中で終わってないんです~(泣)

イギリスで中古物件を改装・改築する文化が根付いている訳

イギリスでは持ち家を改装・改築するお宅がとても多いです。というのも、中古物件を買うことが多いからです。 新品を購入する傾向が多い日本では想像がしにくいかもしれせんが、イギリスでは築100年の建物がざらにあるため、それを購入して内装を変えて住むという文化が根付いています。壁の色を変えるなどのコスメティックな部分からレイアウトの変更、建て増しをすることも珍しくないです。そして我が家も建て増しを初めて試みたのでした。ドキドキ。

建て増しのきっかけ

ことの始まりはご近所のクリスチャン。すぐ裏に存在するクリスチャンの家と同じタイプのお宅を2階建てから3階建て改装しているので、見せてもらった!というのです。クリスチャンのうちと我が家は全く同じタイプ。そんな立ち話を私たちは最初、他人事のように聞いていたのですが、考えれば考えるほど魅力的。今ある2ベッドを3ベッドに。それもトイレとシャワーをもう一つ増やすことができるのか~と夢が膨らんできました。 修理費は?工事の期間は?金額はそこそこ掛かるとは言えど、3ベッドに引っ越すよりは断然安い。聞けば聞くほどなんとも魅力的なのです。

費用をどうするかは少々気になるところではあったのですが、天からの恵みを信じ我が家はひとまず建物の変更許可申請を出すことに決めたのでした。

で、結末から言うとクリスチャン家はちょっと郊外の3ベッドのお家へ引っ越すことに決め、我が家が建て増しをすることとなったのでした(笑)。クリスチャンの話を聞いたのが2016年のクリスマス。あれから3年近くがたちますが、3階のお部屋は完成したというものの、今だ家の改装は完全に終了しておらず未だ奮闘中。

なんでそんなに時間がかかるのか

それはいくつか理由がありますが、イギリスのゆったりとした時間の流れに逆らわず、のんびりと進めているからというのが一番の理由でしょう。あとは、住みながらの改装なので、2~3ヶ月工事の人が家に入りったりすると、住人の私たちとしてそれが一段落した時点でちょっと急停止して自分たちのスペースと生活を戻したいというのも理由の一つです。それに共働きで子供もいるので、家の事ばかりやってられない~というところでしょう。日本だったらもう少し楽に早く進むのでは無いかとは思いますが。。。これが良くも悪くもイギリス。日本で1時間で済む事が1日、1日で済むことが1週間、1週間で済むことが1ヶ月、1ヶ月で済むことが1年掛かるという感じです。

どんな工程があるのか

勿論、ずーっと工事をしているわけではありません。ざっと並べるとこんな感じ(↓)

  1. 設計士・建築家の選定、打ち合わせ
  2. 増築プラン(外装)の申請(Planning Permission)
  3. 再度の設計士・建築家の選定、打ち合わせ(通常は1と同じですがイマイチだったので変えました)
  4. 増築設計図の申請(細かい部分で安全基準に達してるかをチェックされる)
  5. 工事業者の選定
  6. 工事
  7. 内装師の選定
  8. 内装(壁のプラスター、階段、壁、天井のペンキ塗り)
  9. 2階、3階のカーペットを手配
  10. キッチンの業者選別、デザイン、設置業者の選抜(別にするか考慮)設置
  11. 一階のフローリング
  12. 私達のベッドルームの一部改装した部分のプラスタリングとペンキ塗り
  13. 風呂場の改装(これはやりたいな~)
  14. 玄関前のポーチの設定(考慮中)
  15. コンサバトリー(考慮中)

去年のクリスマス前で月で8番まで完了です。今年はキッチンとフローリングを終わらせたかったのですが、キッチンでかなり苦戦してます。

ロフト建て増しの話

我が家はロフトを建て増すために1階2階の階段の向きを変えました。またヒーターも温風システムからラジエターシステムに変更、お湯もタンク式から直接お湯が出るタイプへ変更。結局、我が家を全部ひっくり返して組み替えたのです(汗)。気になるお値段ですが、それはまた別途触れるとして、去年と今年の苦労話をお披露目するシリーズで書いていきたいと思います。

まずはイギリスの改築に関するルールですが、Planning permission(外装の改築プラン申請)を設計師から役場へ申請してもらうところから始まります。主にこれはご近所の反対がないか、外観上問題はないかなどなどが申請されます。イギリスでは通りの見た目がとても大切にされており、裏庭に向けて増築は許されても表通りに面している側を変更することは難しいのです。

特に古い家や古い家のある通りでは規制が厳しいです。だからイギリスの建物をよーく見ると、表面だけ薄皮のように残されていて裏の建物は新品だったりする場合もあります。通りの雰囲気を崩したくないと文化は、以下の動画を見るとよくわかります。英語ですが面白いので良かったら見てくださいね。

ともあれ、増築プラン申請をするためにご近所さんのお友達の設計士を通して申請を行ったのですが、これまたあーでもないこーでもないとかれこれ数か3~4ヵ月掛かったのでした。

先が思いやられる。。。。

つづき

ポチッと応援お願いします♡

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

登録もわすれずにね。たまに更新してます。

日本からイギリスへ持ち帰ったもの

冬休みに日本へ一時帰国をした際、弟家族と遊んだゲームが面白くて、機会がある度にこちらでも遊んでいます。

その名もナインタイル。老若男女、言語を問わず遊べて楽しいです。

ゲームの目的は単順で、出題カードに記載されている柄パターンと同じく手持のカードを並べ替えるだけ。ただ、この手持ちカードは柄が裏表あるため、表を向いているカードのみでは単順に目的を達成することができません。小学生やご老人に特にお薦め。単純だけど、ハマります。

ナインタイルの文字をクリックすると説明動画(資格の紅白& EGGさんのYouTube)に飛びます。

ナインタイルのルール説明

因みにアマゾンでも購入可ですが私達は渋谷の東急ハンズで購入しました。他にも似た様なカードゲームが売られてたので一緒にお土産にしました。

また、そこで買ったダルマ落としけん玉がティーンの甥っ子姪っ子のお土産として大好評でした(^o^)😁🎁

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

イギリスでブームの子供用の自転車

まさか子供の自転車にこんな大金を掛けるとは思いませんでした。最近の子供はとても恵まれているなーとつくづく思います。

と言うことで、イギリスで人気の子供用自転車ブランドをご紹介します。日本円で3−5万円相当の自転車ブランドです。

1. Islabike(アイラバイク 又はイズラとも呼ばれる)

我が家で大変お世話になっているブランドで、精巧に出来た子供バイクの老舗です。爆発的な人気で、公園に行くと8割の子供がこのバイクに乗ってると言っても過言でないです😅軽量で、大人の高級バイク顔負けのシャシーの作り。初めて自転車に乗る子供にとって、軽くて、更に子供の小さな体に合せたボディーの作りが、乗りやすさを実現しています。転んでも直ぐに自分で持ち上げられ、足の短い子供でも楽に漕げるようにデザインされています。うちは一番小さい14インチのS(3歳より)をクリスマスプレゼントで頂きました。バランスバイクに乗っていた事もあり、1−2回後ろを持っただけで直ぐに乗れました。

中古の売値も悪くないので、新品が14インチで300ポンド弱とお高いのですが、1年半使用して、その後200ポンドで売れたら実際の出費は100ポンドほどとなり、差額100ポンドの出費。我が家では2台目以降、中古をebayで購入してます。2台目は3年近く乗り回して、236ポンドで売れました。購入価格が260ポンド程だったので、ほとんど価格減なしです🤩

2. Frog Bikes(フロッグ)

アイラバイクの次に名前の知られているのは、このバイクです。アイラほど軽量では無いものの、完成度が高い自転車で、多少お値段も安いです。アイラの次によく見かけるブランドです。甥っ子が初バイクでこちらを乗っていました。こちらも14インチがスタートポイントで、255ポンド〜。

3. Hoy Bikes (ホイ)

Evansという自転車チェーン店舗が独自に出している、イギリス人サイクリスト、Chris Hoyのデザインバイク。お友達のお子さんが乗ってたのを最近見かけました。アイラに近い完成度。ただ、スタートサイズが16インチです。16インチで260ポンド〜。

4. Wiggins Bikes (ウィギンズ) 自転車、自動車のアクセサリーで有名なHalfordsと提携して販売されているブランドで、トゥール•ド•フランス チャンピオン、オリンピアンでロード&トラックサイクリストのブラッドリー ウィギンズデザインの自転車です。これもまた知り合いの子が乗ってました。これも16インチスタートで、180ポンド。

以上がイギリスで人気の自転車ブランドですが、14インチはアイラかフロッグ、16インチになると、選択肢が増えますね。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

おすすめブリティッシュ映画

ハリウッド映画とは一味も二味も違うブリティッシュ映画。わたしのお薦めのブリティッシュ映画&ブリティッシュ英語が聞ける映画をご紹介します。

因みにイギリス英語では映画をFilmと言います。(注 最近ではアメリカ英語の影響でmovieということも) 義理兄曰くbbcでmovieと検索してもヒットしないとか。ほんとかな?まだ試してません。

以下のリストにはアマゾンプライムビデオのリンクが貼ってありますのでご利用ください。我が家はアマゾンとネットフリックスの両方利用していて、テレビ映画はオンデマンドで見るのみになりました😀

1. The Best Exotic Marigold Hotel

定年を迎えたイギリス人の老人たちが第二の人生を求めてインドを訪れます。滞在先でのドラマがとてもほのぼのしていて、“feel-good”映画です。パート2も有ります。

2.Slumdog Millionaire

これもMarigold Hotelにも出演するインド系イギリス人の俳優Dev Patel が主演。“feel-good”ファクター満載です。

3. King’s Speach

エリザベス女王のお父さんの話で、実際の話を映画化しています。

4. Sliding Doors

これは、イギリス映画のクラッシックですね。主演のグエンはイギリス人ではないですが、イギリスアクセントが上手です。

5. Lion (2006)

この映画はブリティッシュじゃないですが、ハリウッド映画ではないのでリストしました。オーストラリアの映画監督です。これもDev Patel主演。実際にあった出来事をベースに作られた映画で、結構長いんですが、一気に見ました。

6.Lock, Stock and Two Smoking Barrels

マドンナの元旦那が監督の映画です。女性向きではないですが、ギャング系の映画でめちゃブリティッシュです。

7.Harry Potter

こちらは皆さんご存知ですよね。本が映画化されました。私はやはり最初のこの話が、一番好きです。

8. Shallow Grave

ユアン・マクレガー主演の初期の映画です。後半のスリル感が最高。一気に見れちゃう1本。まだ学生だった弟がロンドンを訪れた時に一緒に見ました。英語はほとんど聞き取れない弟も、字幕を観ながらでしたが、とても面白かったと言っていた記憶が有ります。

9. Paddington

子供向けですが、笑えて泣けて(?!)、ロンドン好きにはたまらない映画です。

10.Layercake

ロックストックに続くブリティッシュ映画の代表。ジェームズ・ボンドになる前のダニエル・クレイグ代表作。

おまけ
The Hundred-Foot Journey

またまたDev Patelが主演するお薦め映画です。フランスが舞台。

以上が私のお薦め映画ですが、結論から言うとDev Patelの映画が好きってことみたいです(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

広告

イギリスで犬を飼う

イギリスが愛犬国なのはご存知な方も多いと思います。私も実は4年ほど前まで犬を飼っておりました。雑種犬でバタシードッグアンドキャッツホームという飼い主の居ない犬猫のリホーム(里親探し)のを支援するボランティア団体です。

まず飼い主にふさわしいかというインタビューがあり、貰われていったあとも施設の人がその環境(家庭)を見に来ます。犬の場合、お庭がないお宅はNGです。猫でも外へのアクセスがないお宅(2階で窓から降りるすべがない)はNG。共働きで長時間家を開ける家もだめ。又、その犬猫の種類、性格などからロンドン郊外のみ、小さい子供がいる家庭はダメなどと結構基準が厳しいです。勿論これは再びその犬猫が家なき子となるのを防ぐためです。

我が家は当時子供もおらず、シフトの仕事だったので、家を4時間程度空けるのみで済むと言うことで、審査に合格し、はれて犬選びをすることができました。

まず、ケネルを見回る前に、データベースに希望事項を打ち込み推薦を受けます。その後、犬を見にケネルを見に回ります。私達の希望は雑種、メス、中型犬、ショートヘアーの成犬でした。

施設の人に推薦された犬は希望に合っていたのですが、推定年齢5歳でほど。もうちょっと若い犬がいいかなーと言うのが正直なときろでした。

また、その日が私の最初の捨て犬ケネル訪問で、犬たちが吠えたりしっぽを振ったりしている様子を見ているとちょっと悲しい気分になりました。うちの主人は何度か経験があったので私の様な影響は受けなかったみたいです。

感情的な時に犬探しをしてはいけないと思い、その日は決めずに帰りました。

翌週、再度バタシーを訪れた時にはそのメス犬は居らず。貰われていったのでしょうか、ちょっとがっかりな気分にもなりました。

ともあれ再度のデータベス検索で次の候補が選ばれ、そのお犬様とご対面をすることとなりました。そのお犬様は風邪気味だったという事で、別棟に保護されていたのでした。私達はその犬を見た瞬間、この犬だー🐕と思い即決めました。それは2002年3月末(推定3歳弱)ことです。それからそのお犬様は2015年1月まで13年間我が家の愛犬として一緒に暮らしたのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

シーザー・ミランは当時、犬との接し方をとても参考にさせてもらった人です。日本語版も出版されているみたいです(アマゾンで購入可)

ロンドンのフィットネスを試したら。

ロンドンにはフィットネスジムが山のように存在します。フィットネスジムのいいところは季節や天候に左右されず運動ができるところ。私は外を走ったりもするのですが、外のつらい所は、排気ガスと歩きタバコの煙。2007年にイギリスで公用の場での喫煙が禁止になり、オフィス内で一切喫煙が出来なくなってからというもの、町中に歩きタバコ星人が大量発生しています。
そのせいで、せっかくの良いお天気でテムズ川沿いを走っていると、タバコの煙を何度も吸わされたり、また道路沿いは排気ガスが気になり、ジョギングが健康に良いのか悪いのか分からなくなります。…と言うことで私はジムが好きなのですが、これが結構高い😭

以下が私が使用したことのあるチェーンのフィットネスジムです。

  • FitnessFirst

一番店舗数の多いジムです。イギリス中にあります。ただ、お値段もそれなりです。マイジムのみ、マルチ可(他のFF店舗も使用可)、1ヶ月毎のコミット(いつでもキャンセル可)6ヶ月、1年コミット、によって値段が違いますが、ウェブサイトには1ヶ月毎コミット、マルチジムで月100ポンドって書いてありました😱 でも学割が効くようです。店舗によって値段が違うのと施設も違うので実際に行って確認する必要があります。私が行っていたところにはサウナが有ってよくそれを使用してました。場所によってはプールもあるようです。

  • PureGym

一番のお勧めです。何しろお安い。しかし加入する場所によって値段が違います。ウェブサイトでは10.99ポンド〜と書いてありますが、うちの近所は23ポンドです。他のチェーンに比べて破格に安いです。仕事場の近くに無いのが残念です。

  • Nuffield

ここは非営利目的の健康センターが運営しているジムなので、そこそこの値段だったのですが、わたしの加入店舗は最近corporationに変更され、値段が上がりました😥。因みに私は企業メンバーシップ値引きで月80ポンド弱払っています(いつでもキャンセル可)。ここの良いところはプールがあるところです。 全部の店舗にあるのかは知りませんがウェブサイトのジムページを見てもプールの写真が出てくるので、プールが多くの店舗に付いているのでしょうか。もともとは健康センターなのでハイドロ治療の為に備えてるのかもしれません。(注:勝手な解釈)

以上私が経験したことのあるジムですが、上記以外でも最近ではアパートの下に入っていたり、チェーンではないジムも沢山存在します。

因みに、最近の若者イギリス人男性のトレンディーファッションは筋肉ムキムキでヒゲづらです🏋️みんな同じに見えます😁。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

広告

【女性ハミルトン誕生への道】ちょっと楽しみWシリーズ

女性ドライバーによるレース、Wシリーズチャンピオンシップのチケットを購入しました。今回購入したのはイギリスはブランズハッチで開催されるレースはその最終戦です。

2019年春にスタートした女性ドライバーのみのF3クラスレースで、F1業界の大御所達ががサポートしており、将来の女性F1ドライバーを育成すべく、今後が楽しみなチャンピオンシップです。

Miki Koyamaさんという日本人ドライバーも一人います。

Wシリーズの背景

68年という長いF1の歴史で女性ドライバーはたったの二人しか存在しません。。一番最近では1976年、そして初代は60程年前の1958年のみ。

更にF2はF1ドライバーの育成場る場といわれているにも関わらず。2009年の編成以来、女性ドライバーは一人もエントリーしていません。

あらゆるスポーツ会で女性の活躍が増える中、オープンカーレース業界でも女性活躍の場と育成の後押しをしようと結成された様です。

ドライバー選別

最初55人のドライバーが選抜に申し込んだそうです。多彩な選別テストをくぐり抜け、合格した18人のドライバーは、F1業界トップクラスの人材からフルトレーニングを受けることができます。その項目の中で面白いと思ったのが、メディアトレーニング。レースがテレビでも放送されますし、選抜されたドライバーは当然インタビューを受けますよね。確か、イギリス人ドライバーもBBCの朝の番組でゲスト出演してました。

車の仕様

車は全て同じスペックだそうです。なので純粋にドライバーの技量が試されることとなります。

日程

全6レースでヨーロッパ各地にて行われます。スケジュールは以下の通りです。

  1. ドイツ  5月4日
  2. ベルギー 5月18日
  3. イタリア 6月8日
  4. ドイツ  7月6日
  5. フランス 7月20日
  6. イギリス 8月11日

当然のことながらチケットのお値段がF1と比べるとメチャクチャ安くお得感があり、思わず購入してしまいました(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

広告
グランド・ツアー シーズン 1 予告編(字幕版)