イギリスで家の改装をしたらどうなる?!⑥

8月に入った

予定だった8週間目が終わり、かなり形になってはいるものの、終わる様子はありません。外観の変化が乏しいので写真は撮りませんでした。といのも電気の配線とスプリンクラーの設置にかなり苦労をしたのです。

電気配線問題

新しいブレイカーを装着したとたん、電気がつかなくなったのです。素人ながらにも私たちは、その新しいブレーカーが問題じゃない?と思っていたのですが、ジョンは違うと言い切ります。そして何やら家の壁に穴をあけて、あちらこちらと配線を調べ始めたのです。後に、プラスターでカバーできるとは言っても、今塗ったばかりのプラスターに穴開けるの~?8月の半ばに家族での小旅行。を予定したので、帰ったころにはこの問題は解決しているだろうと思っていました。。。が甘かった。この事態は2週間弱続き、家へ戻っても電機はつかない!結局私たちは近所のホテルに2泊する羽目になりました(泣)我が家はかなりロンドンの中心地なので、家から徒歩圏でビジネスホテルがあります。それだけが救いでした。 一歩も譲らないジョンに普段は穏やかな主人もブチギレ! 結局ブレイカーを取り替え、あっという間にことは解決。だからそうじゃないのって言ったじゃん~!

スプリンクラー問題

我が家は一階に階段が露出しているタイプのため、3階建てにする場合は、消防基準で一階に霧タイプのスプリンクラーを設置・もしくは階段を壁で囲わなければなりませんでした。そのスプリンクラー会社がかなりやばい! 結局最初にお願いした会社にはお金を一部ぼったくられ、作業を完了せずに消えてしまいました。そのやり取りに私たちは異常なまでの労力を費やし、かなりのストレス。結局、同じものを扱っている別の業者を探してお願いすることにしました。 最初のぼったくり経験でかなり慎重になりましたが、無事解決。結局スプリンクラー問題でも、かれこれ1か月掛かりました。

****

そして、8月はなんやかんやとストレスとともにあっという間に過ぎていったのです。

9月に入っちゃったよ

ひとまず8月でほぼ完成とはなったものの、小さな微調整でジョンは9月まで作業をすることとなりました。その微調整とは、電気の配線問題で開けた穴をまたプラスターし直す作業などです。あそこで穴開けなければ。。。。結局14週目の水曜日がジョンの最終日となりました。

色々ありましたが、私たちはまだ良い方です。改築業者とのいざこざや、作業途中で消えて、改築が中途半端、という話は良く聞くのです。ジョンとは電機の配線問題はあったものの、最後まで責任をもって作業をして頂きました。大変、感謝しています。

まだまだ終わらない

ジョンは外枠の工事をする人なので、コスメティックな部分はまだ残っています。階段や壁を塗らなければなりません。さて次回はこのお話。

ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

登録もわすれずにね。たまに更新してます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.