イギリスで家の改装をしたらどうなる?!③

前回はPlanning Permission を取得してその後Building Regulation Approvalを取ろうとしているところまででした。

さて、このBuilding Regulation Approval(建物が安全基準に達しているかを見る)を取るための建築士を家にお呼びしまし、打ち合わせをすることとなりました。

この建築士は既に改築が終わっている近所のお家を手掛けていた人なので安心だと思いお願いしたのでした。

しかしお会いしてちょっとビックリ。訪れた方は定年されている少々落としを召した方(私の父とほぼ同じ年)で、話をよくよく聞くと、数年前の脳梗塞で倒れたというのです。 脳梗塞はご近所のお家を手掛けた後のようです。大丈夫かな~、かなり不安です。

業者の人が家を図る時、通常レーザービームを使って正確に測ります。かれはそれを持ち合わせていなかった。。。。えーっ? いわゆるテープメジャーを使用して図り、ノートに何やら書き込んでます。見てると結構適当な感じ。こんなんで良いの? 家造りって意外と適当?確かに精密機械を作るのと違って何ミリを争うようなものでは無いのでしょうが(怖)

不安は残るものの、だめな場合は役所で許可が降りないだけなので大丈夫だろうと、ひとまずその彼を信じ、気を取り直してお願いすることにしました。

その数週間後、最初のドラフトが送られてきました。細かい技術的な部分はよくわからなのですが、レイアウトが説明したのと微妙に違ってる。 おじーちゃん話聞いてなかったのかな?それとも忘れちゃったのかな?

そのことをメールで連絡を取ろうとしても、電話をかけてもなにしろ連絡がつかない。非常に苦労しました。 ホリデーに出ていたとか病院に行かなければならなかったとか。 うーん、こんなんで良いのか?

そんなこんなで、結局Building Regulation Approvalが入手できるまで更に4ヶ月掛かったのでした。そして2017年のイギリスの短い夏は既に終わろうとしていました。(泣)

改築は日の長い春から夏にかけて行いたいと思っていたので、工事施行は保留。その間、以前連絡を取った業者の方に連絡をして、状況を説明。工事は2018年になりそうだと伝えました。

次回はいよいよ工事のお話を。。。

ポチッと応援お願いします♡

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

登録もわすれずにね。たまに更新してます。