イギリスで家の改装をしたらどうなる?! ②

Planning permissionを取る

さて前回は外観の増築許可申請(Planning Application)を申請したところまでお話しました。申請書は建築会社を通して役所に提出されます。申請は外観に関するその通りへの影響を査定しますので、役所は増築によってその通りに与える影響を査定します。勿論合法であるかもチェックしますが、役場はその通りの住人へ通達をし、意義がないかも確認します。我が家のようにテラスハウスの場合は直接面している両隣のご近所からの許可(party wall agreement)も取らなければなりません。これは自分でやる必要があります。

Planning Permission(建設許可)はスムーズに行けば4週間くらいで許可が降りると言うことですが、勿論スムーズには行きません。役所から質問に適切に回答して、進捗状況をこまめに建築会社が追っていないとあっという間に4週間が8週間になってしまいます。 クリスチャンのお友達の建築士に申請はお願いしたのですが、彼らの優先順位は大きなプロジェクトの様で、知り合いづての紹介という好意で引き受けてはくれたものの、こまめな役所とのやり取りはなく、結局許可が下りるまでに2ヶ月かかったのでした。

建築士との打ち合わせが確か1月ごろで許可が降りたのはイースター開けだったと記憶しています。私達も適宜、建築士に状況を問い合わせたり、役所に直接問い合わせたりはしていたのですが、結末はそんな感じです。

Building Regulation Approval を取る

私達は無知でした。Planning Permissionが下りれば工事が始められると思っていたのです。随分かんたんに書かれた設計図だなーとは思っていたのですが。。。 次にBuilding Regulation Approval とやらを入手しなければならないらしいのです。こちらは建物の安全性をチェックします。構造的に無理がないか、防火法の基準に達しているかなどです。。ガガーン。

最初の建設会社は小さな自宅向きでは無いと思ったので、新しい人を探すことのしたのでした。一番良いのは既に工事が完了しているご近所の家を手掛けた設計士!役所のサイトで過去のPlanning Permissionを閲覧することが出来るので、そこに記載されている人にコンタクトし、打ち合わせに来ていただく事となりました。

そして、そこに現れた建築士でまたびっくりな事が。。。

つづき。

ポチッと応援お願いします♡

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

登録もわすれずにね。たまに更新してます。