【イギリス英語】イギリス人は付加疑問が好き♥️

こんにちは

今回は私がイギリス英語で最初に感じた事の一つを書きます。

日本語でも語尾に「〜だよね」「〜でしょ?」と付ける表現がありますがそれに相当する英語の表現が、付加疑問です。

例えば

You love it, don’t you.

「〜それ好きなんでしう?」という感じで使います。

アメリカ英語は

right? (Am I right?の略だと想像します)を多く使う印象ですが、イギリス英語は毎回文脈によって適切な付加疑問をつけます。

例えばこんな感じ。

You would do that, wouldn’t you?

It’s great, isn’t it?

It was fantastic、wasn’t it?

He is lovely, isn’t he?

You are going to do that, aren’t you?

It won’t fit, will it?

付加疑問は学校のテストで出た記憶があるのですが、とっさの会話では私は未だに間違えちゃいます。😭でも気にせず間違っても突き進んで話しています😅。

一方でイギリス人の中にはすべて innit (発音:イニッ、最後のtを発音しない)で済ませてしまう人もいます。

これはisn’t it のスラングです。意味を理解する程度で実際に使用するのは避けたほうが良いと思いますが、すごーくよく耳にします。とってもロンドっ子な表現です。

It’s alright, innit (それいいんじゃん)みたいな感じです。

ともあれ、付加疑問がスラスラ出てくるようになったら、イギリス英語をマスターしたと言っても過言ではありません😁 ご興味があれば、ちょっと練習してみてください。

と言うことで、今回はここまで。

ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

広告

“【イギリス英語】イギリス人は付加疑問が好き♥️” への 2 件のフィードバック

  1. 「いいね」ありがとうございました!
    こちらもブログ拝見させて頂きました!
    イギリス英語、さっぱりわかりませんが
    勉強になります!
    これからもよろしくお願いいたします!
             いーづか39

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください