【イギリス】イギリス料理ってどんなの?

よく私の親に、あなたたち毎日何食べてるの?と聞かれます。我が家は私が日本人という事もありお米を良く食べますが、イギリス人はお米の代りにじゃがいもを食べることが多いです。

スーパーで売られているジャガイモは沢山の種類があります。例えばマッシュ用、ロースト用、茹でいも用、ジャケットポテト用などです。ただ、チップス(フライドポテトのこと)はほとんどの家庭でも冷凍の既にカットされているオーブンで温めるだけの物を使用しています。

ソーセージも色々な種類がありますが、イギリスのソーセージは日本のウィンナーとはかなり違います。日本のソーセージはドイツの影響が大きいようですね。イギリスのソーセージは生のひき肉に味付けをしたものをそのままソーセージにしてあり、日本のと比べて一本が大きいです。因みにソーセージとマッシュポテトの料理のことをバンガーアンドマッシュと呼びます。

さて、イギリス料理と聞いて頭に浮かぶのはオーブン料理です。

肉や野菜を何でもローストして食べます。どんな野菜もローストすると甘みが出てとても美味しいです。お肉は牛、ラム、豚、鳥、と何でもします。

フィッシュパイは燻製のお魚とそうでない白身の魚をホワイトソースで味付けし、その上にマッシュポテトを載せて、オーブンで焦げ目をつけます。私の大好物です。

シェパーズパイ(ラム肉)/コテージパイ(牛肉)は基本同じものですが、肉の種類によって呼び名が違います。スパゲッティーのミートソースのようなもの(トマトベースでは無い)の上にマッシュポテトを載せてオーブンで焦げ目をつける。これもとっても美味しいです。

フィッシュアンドチップスは有名なので、特に説明することもないと思いますが、白身魚のフライにチップス(ポテトフライ)です。

laurenz-kleinheider-D--HVF4qV0k-unsplash (1).jpg

ロンドンにはパイ&マッシュジェリードイール(ウナギのゼリー固め)という料理もありますが、私は食べたことがありません。

朝ごはんの定番はイングリッシュ・ブレックファーストフル・ブレックファーストとも呼ぶ)です。ベイクトビーンズ(煮豆)、ソーセージ、目玉焼き、マッシュルーム、トマト、ベーコンなどがお皿にどっさりの朝食です。朝、これを食べると昼ご飯は必要ありません。 ホテルに泊まると必ずこれが出てきます。

良くパブの看板でAll Day Breakfastと書いてあるのをよく見かけます。最初どういう意味?と違和感ありましたが、これは一日中 English Breakfastが食べられるという意味です。

イギリスはヨーロッパ料理、植民地だったインド料理の影響も大きく、家庭でもパスタやカレーも良く食べますよ。

ポチッと応援して下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください