【英語】ロンドンの通勤

ロンドンは日本ほど電車が混むことはないのですが(というか、そこまでギューギューに乗り込まない)、電車が故障、スタッフが足りないなどの理由で動かなくなることがあります。 私が乗る路線は今までそのような影響が少なかったのですが、今週は思いっきりありました。 一日だけですが、行きも帰りも。それも違う理由で。行きの原因は電車の車両が故障したのでその故障車両を抜き取って別の所へ移動するまでストップ。私は逆方向へ向かう側だったので、被害が少なかったのですが、一駅移動するたびに10分ほど停滞していました(泣)

帰りはSmolderingというアナウンスが。その日、新しい単語を覚えました。ボウボウ燃えている訳じゃないけれど、煙が出ていて、沸々としている状態を指すらしいです。英語の説明では”burn without frame”と書いてありました。おかげで、消防士さんのOK待ちとなり、またもやストップ。

「Smoldering という単語を初めて聞いた」と同僚に話すと、別の例として、とてもカッコいい男性を見て、“He is Smoldering” って使うことが出来ると教えてもらいました。ホットな男性ってことですね。

不便な思いをしましたが、その中に新しい発見が(笑)という一日でした。 その時の様子をちょっとビデオに撮りましたので暇があったら見てください。人を取らないようにカメラは下を向けています。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください