【イギリス】お気に入りのドラマ

以前イギリスのテレビ局や番組に関して書きましたが、今回は私が最近見たドラマのお勧め4本をご紹介します。英国外でiplayerなどのオンデマンドサイトは地域制限があるので視聴不可ですが、以前私達が一時日本に住んで居た際、vpnを使用してイギリスのテレビ📺番組を視聴していました。ともあれ、機会があれば見てください。

vpnの情報が記載されたサイトを見つけましたので、ご参考まで。私達は当時missmysoapっていうvpnを使用していましたがもう存在してないみたいです。 vpn説明サイト

1. Mum (BBC)

60歳のお母さんとその家族を中心に展開されるコメディードラマで、どのキャラターも笑えます。つい最近までこのドラマの存在を知らず、3シーズン分一気に見ました。笑えるけどその中に人間ドラマがあります。20代の若者が見て笑えるかは疑問です。ある程度の年齢向けかも。

2. Killing Eve(BBC)

去年、賞をを取ったドラマで、殺し屋とシークレットエージェントの微妙な関係を描いたもの。シーズン2も面白かったです。Eveの役をやっているのは韓国系カナダ人のサンドラ•オーさん。アメリカの医療ドラマ、グレイス•アノトミーでも有名な女優さんです。

3. Trust Me (BBC)

負傷した英軍人の送られた病院で次々に起こる不思議な死をめぐるドラマ。8エピソード完結のドラマです。最終回まで勿論ミステリーは引っ張られます。スコットランドの病院という設定なので、出てくる患者さん以外(病院のスタッフ等)はすべてスコットランド人の役者さんたちです。とは言ってもbbcなので聞きやすいスコットランドナマリ。

4. Cleaning Up (ITV)

金融街のインサイダー取引にまつわるドラマ。オフィスを掃除するクリーナーさんが金融情報を仕入れ、お金を稼ぐのですが、主演のシェリダン•スミスがとっても上手。私が大好きな女優さんです。彼女はコメディーTwo Pints of Larger and Packet of Crispsで有名になりました。シーズン2が待ち遠しいです。💖

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

【ロンドン】セントラルロンドンでスーパーカー(大興奮)

昨日、大英博物館を訪れた後、こんなラリーレースのスタートを偶然見ることができました。

Midball Rallyだそうです。全然聞いたことないけど、迫力ありました。

すごーい、こわーいって叫びまくってます(汗)音が凄かった。

ロンドンって歩いてると偶然出会うこんなビックリが結構あって、楽しいです。

週末、家でダラダラしては行けないと実感した一日でした。

YouTube https://youtube.com/ukmari
Instagram https://Instagram.com/ukmari

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

【英語】ロンドンの通勤

ロンドンは日本ほど電車が混むことはないのですが(というか、そこまでギューギューに乗り込まない)、電車が故障、スタッフが足りないなどの理由で動かなくなることがあります。 私が乗る路線は今までそのような影響が少なかったのですが、今週は思いっきりありました。 一日だけですが、行きも帰りも。それも違う理由で。行きの原因は電車の車両が故障したのでその故障車両を抜き取って別の所へ移動するまでストップ。私は逆方向へ向かう側だったので、被害が少なかったのですが、一駅移動するたびに10分ほど停滞していました(泣)

帰りはSmolderingというアナウンスが。その日、新しい単語を覚えました。ボウボウ燃えている訳じゃないけれど、煙が出ていて、沸々としている状態を指すらしいです。英語の説明では”burn without frame”と書いてありました。おかげで、消防士さんのOK待ちとなり、またもやストップ。

「Smoldering という単語を初めて聞いた」と同僚に話すと、別の例として、とてもカッコいい男性を見て、“He is Smoldering” って使うことが出来ると教えてもらいました。ホットな男性ってことですね。

不便な思いをしましたが、その中に新しい発見が(笑)という一日でした。 その時の様子をちょっとビデオに撮りましたので暇があったら見てください。人を取らないようにカメラは下を向けています。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

イギリス観光でお薦めスポット(ロンドン除く)

ロンドンは、見どころがたくさんあって、数日で色々楽しめますが、イギリスはロンドンだけではありません。今回は私が過去に訪れたお気に入りのロンドンを除くイギリスを紹介します。時間的に余裕がある人、車の運転が好きな人にお勧めな場所、4選です。

1.ストーンヘンジ

お決まりの観光地ですよね。しかし、何度見ても感動します。駐車場からストーンヘンジまで多少距離がありますが、シャトルバスが出ています。隣接の博物館も見ごたえありです。勿論、日本語音声ガイド付き。

2.バース

ここも一日遊べます。街も可愛いし、博物館も見ごたえバッチリ。博物館は日本語音声ガイド付きですし、子供用音声ガイドもあります。しかし子供用は英語のみ😅。

3.ロングリート

バース近くにあるサファリパークです。お猿さん地区が一番楽しいのですが、車にいたずらをされたくない人はお勧めできません。我が家の車は被害は少なくて済みましたが、後部用ウィンドウスクリーンの水出し口を思いっきり取り外されました。お猿さん達は車が大好きみたいです。暇つぶしですかね😂

ロングリートはバース公爵家の敷地内にあるサファリパークでBBCでもレギュラーに紹介されています。公爵のお屋敷も一部見学することが出き、サファリパーク以外も楽しめます。

バースと近いのでバースと組み合わせて遊びに行くのがお勧めです。我が家はそうしました。2泊3日で2箇所を満喫です。

4.スコットランド

スコットランドはものすごく広くて、私達は東海岸沿い、西海岸沿い共に楽しみました。スコッチウィスキーがお好きな方、車の運転がお好きな方には最高です。果たしなく続く信号無き道は運転好きにはたまらないでしょう。北海道を思わせます。

スコッチウィスキーの蒸留所の観光、試飲も楽しめます。観光後、酔っぱらい運転にならないように気をつけましょうね。 私達はスペイ川から作られるウィスキーがお気に入りです。

話は飛びますが、なぜか西側にはミジと言われる小さい蚊の様な虫(ハイランドヌカカ)が多くいので虫刺されにはご注意を。

以下2箇所はお勧めというよりは、私が訪れたことのある、ちょっとコアなスコットランドです。

コル島

フェリーに乗ってコル島にも訪れたこともあります。犬好きのお薦め宿を検索していて見つけました。宿予約の際、私達の車が4wdか聞かれ、頭がはてなマークだったのですが、訪れて納得。宿は道が終わった更に先にあり、砂浜を超えなければなりませんでした。当然私達のミニでは到達不可能と言うことで、愛車を駐車場に置き、宿のご主人のディフェンダー(land rover defender)に乗せられ砂浜を超えたのでした。私は愛犬と荷物と一緒に後部席(荷台の方が正しい表現かも)でグラグラ揺られましたが、砂浜を車で走るなんて初めての体験😃。爽快でした。

ジョン•オグローツ(John o’Groats)

スコットランド滞在中、私達はジョン•オ•グローツまでドライブして、記念撮影をしたこともあります。そこには何もないのですが、ジョン•オ•グローツとランズエンド(Lands End)間はイギリス国内の地続きで一番長い距離として有名です。その為、ジョン•オ•グローツを旅の出発地点とする人が多いのです。俳優ユーアンマクレガーのバイクの旅(ユアン・マクレガー 大陸横断バイクの旅/Long Way Round [DVD])もここがスタート地点でした。今回のテーマとは全く関係ないですが、このユアン・マクレガーのバイクの旅はめちゃくちゃ一押しです。

以上、今回は私がホリデーで訪れたお気に入りスポットをリストアップしました。これ以外も沢山有りますのでまたの機会に改めてご紹介します。😁

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

イギリスのいちご

イギリスでは一年中いちごが食べられるのですが、6月になるとブリティッシュ•ストロベリーのピークがやって来ます。そのためか、7月の第一週から始まるウィンブルドンのテニストーナメントでストロベリー•アンド•クリームを食べるのが伝統で、今でも根強い人気です。イギリスのいちごシーズン=夏到来を感じます💕

因みにウィンブルドンで”Strawberries and cream”が最初に出されたのは1877年だそうです。歴史が長いですね。

ロンドン郊外には自分で欲しい分を収穫する“pick your own farm”が沢山存在します。私達も3-4年前、お友達と一緒にいちご狩りに行きました。取れるのはいちごだけではありませんが、勿論いちごがメイン。子供達がとても喜んで採ったり食べたり…。本当はその場で食べちゃいけない事になってたのですが、味見程度はオッケー👌だと思います。特に注意はされませんでした。その日に大量に採取したいちごをジャムにしてしばらく楽しめましたよ。

私達が行ったのはSurreyのEsherにあるガーデンセンターと隣接している場所で、カフェも充実してました。気軽に子供と週末出掛ける場所としてお勧めです。🍓🍓🍓🍓🍓

https://www.garsons.co.uk

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

英語の’th’ の発音が出来ないと危険なときがある😱

先日、日本人の同僚とイギリス人の同僚の会話を聞いていて爆笑してしまいました。イギリス人A君が冗談で、「いったい君はどこから来たんじゃ、そんなこと言うなんて〜」という問いに、その日本人女性は「もちろん私は地球からよ」と言い返したのですが、ここでちょっとした爆笑が…。

気づいた人はいますか?

日本人はthの発音が苦手なのです。そう、地球という単語には“th”が含まれますよね。これをと発音するとどうなるか…。アース、そうです“お尻”になっちゃいます😅。と言うことで彼女は、「私はお尻から来たのよ〜」と返してしまったのでした(笑)。 とってもナイスでした。冗談好きのその相手のイギリス人は、大変喜んで笑っていました。発言当人がこのことに気づいたかどうかは不明です🤔。

以前日本のテレビ番組で外国人が通行中の日本人に英語で声を掛け、その反応を見て笑う番組がありましたが、その番組でも同じくお尻を連呼している女の子に笑わせて頂きました。頑張れ日本人、アースで世界の笑いを取ろう👍😆

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ロンドンの通勤手段、エンジン付きスクーター

日本に一時帰国した際、前と後ろに子供を乗せたお母さんが急坂を立ち漕ぎもせず爽快に上って行く姿を見て衝撃😱を受けた記憶があります。「あーあれ、電動だからね」と言われて、納得。幾ら日本のお母さん達がスーパママと言っても、まさか自力な訳がないですよね。

イギリスでは過去にレジャー用、子供向けなどを含む様々な乗り物が流行り、現在もそれは変化しています。

通勤手段として一番一般的なのは自転車。最近ではスクーターやスケートボードもよく見ます。

今流行っている/過去に流行った私のお気に入りを4つ紹介します。

1.エアーウィール

5年ほど前に流行ったにはエアーウィールと呼ばれる腰掛けのない電動一輪車。乗りこなす練習も必要だし、結構高いので、ほしいものリストにはあったのですが実現せず。

http://airwheel-eu.com/airwheel-x3-black-170wh/p-207144

2. セグウェイ

セグウェイも随分前に流行りましたが、実際は街中であまり見かけませんでした。 タイの空港でスタッフが使用してるみたいですね。テレビで見ました。

https://www.slide4less.com/segway-pt/segway-i2-custom-chrome-colored-handlebar

3.電動スクーター

これが、今爆発的なに増えています。値段もエアーウィールに比べてお安いですし、乗る練習もいりません。通勤に使っている人を多く見かけるのですが、実際は公用場での使用は不法らしいです。50キロくらいまでスピードが出るのもあるし、安全性がどうか不安もありますが、今のところ大きな事故も無く、特に問題視されていません。

Electric Scooters

4.電動スケートボード

電動スクーターに続き同時くらいに世間を出回り始めました。スクーターよりももっと危険性が高いです。道路を自転車の様に走っていて、高スピードだし、初めて見た時ビックリしました。普通のスケートボードよりもタイヤが大きい感じはしますが、気のせいかな。

GTR Bamboo 2in1

以上がイギリスで流行った/流行っている乗り物でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

イギリスのシーサイドタウン、ブロード•ステアーズでアイスを食べよう🍦💖

先日、我が家の慣例行事である5月のキャンプでの際キャンプ場近くの海辺の町を訪れました。みんなでクレイジーゴルフをしたりフィッンアンドチップスを食べたり、アイスクリームを食べたりと、超典型的な英国の海辺町体験でした。英語で表現すると’quintessentially English’ ですね。クレイジーゴルフって日本にもあるのでしょうか。ゴルフの障害物競争みたいな感じで、これが結構はまります。我が家はゴルフ一家では無いので、みんな、メチャ下手です。…と言うことで、優勝は9才の甥っ子でした。私は最後のホールでベルを鳴らすことが出来て、次回一回無料チケットをゲットしましたー👏クレイジーゴルフはこんな感じです↓
https://www.timeout.com/london/things-to-do/the-best-crazy-golf-london-has-to-offer

5月はまだまだ寒いですし、勿論、海水浴をしている人誰もいない、と言いたいところですが、数人ウェットスーツを着て入ってました。必ず誰かいるんですよね。真冬でも海水浴する人いますし。因みにイギリスでは真夏でも日本のように海水が温くならないので、私は足をちょっと濡らす程度が限界です。ビデオでも分かりますが風が強いです。寒ーっ。

またイギリスの砂浜は5月末ごろから8月末くらいまで犬の立ち入り禁止のところが多いです。私たちが訪れた5月末の週は既に一部で犬の立ち入りが禁止でした。私たちは義理兄の犬が一緒だったので、端っこの犬ok地域で遊びました。

近くのパブでフィッシュアンドチップスを食べ、子供たちがひとしきり浜辺で遊んだらアイスクリームタイムです。イギリスでも浜辺と言えばアイスクリーム。これって万国共通ですよね。因みに、私たちが訪れたのはモレッリーズと言うチェーン店です。ロンドンにも店舗あります。http://www.morellisgelato.com無料でワンコ用アイスもサービスしていました。因みに私のアイスはハニーコーム味です↓

ブログランキングの応援をお願いします🙋

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

イギリスの横断歩道は素晴らしい

日本とイギリスは世界でも珍しい車が左側通行の国です。テスト無しでイギリス<=>日本の免許を書き換えることができます。しかし、日本人がイギリスで運転する際、特に気を付けるポイントがあります。それは、横断歩道。 日本では横断歩道の力はあるようで無い、と言うのが私の印象です。しかし、イギリスでは横断歩道の威力がスゴく、間違って横断歩道の前に立っているだけでも、車がピタッと止まります。

友人が日本から訪れた際、道が分からずキョロキョロしていて立ち止まった場所が、たまたま横断歩道の前でした。本人は自分が横断歩道の前にいる認識も無い程。しかし、車がキュキュっと止まってしまい、彼女は渡る予定の無い道を渡る羽目になったのでした😁

逆を考えるとイギリス、特にロンドン市内を運転する場合は横断歩道に人が立っているのを見落とすことは絶対に許されません。警察に見つかったら罰金だったはず。しかし、ここで朗報です。イギリスの横断歩道はその前後の路上にギザギザ線が書かれてあり、更には黄色いライトがチカチカしているので、非常に分かりやすいのです。 これなら見落とさないだろうーと言う感じのデザインです。

ウィキのページをご参考まで。

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Zebra_crossing

因みにイギリスではこの横断歩道を“ゼブラ・クロッスィング”と呼びます。そう、シマウマです。発音は“ズィーブラ(米)🍔”ではなく“ゼブラ(英)💂”ですのでご注意を。

イギリスを訪れたら本当に車が止まるか、実験してみてください😁

ブログランキングへの応援お願いします🙋

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ロンドンの美容院で髪を切ってみよう

ロンドンにはたくさん日本人が在住していますが、私の周りにいるロンドン在住日本人の大半は日本人美容師さんに髪を切ってもらうことを好んでいる様です。日本人の美容師さんは技術レベルが高いという話も聞きますが、やはり日本人の髪質をよく分かっているのも大きいですよね。

ロンドンには何件か日系の美容院がありますが、私が利用したことがあるのは、Moriyama とMalish。それと、知り合いのママ友美容師さんに自宅でヘアカットをしてもらったこともあります。

SUPERCUTS

ロンドンに来た当初(10年くらい)は非日系スーパカッツを利用していました。予約無しの飛び込み美容院で、ショッピングモールや駅ビルの中に設置されていたりします。私が気に入っていたのはボンドストリート駅ビルのマックの横に位置していたスーパカッツ。ヨーロッパ系の美容師さんが多くて、いつも素早くそれなりに仕上げてくれました。シャンプーカットブローで23ポンド程(2800円くらい)。メチャクチャ安いです。普通どんなに安くても45ポンドはとられますからね。今調べたら、どうやらこのボンドストリート店は残念ながら閉鎖になったみたいです。

我が家の近所にあるスーパカッツは常駐美容師さんの人数が少なくなく、特に週末はめっちゃ混んでてお断りされまくりだったので、最近はあきらめました。これだけ人気なんだからもっと人数増やせば良いのに、といつも思います😁

Moriyama

その後行き始めたのが仕事場の近所にあったMoriyamaです。仕事帰りに寄れるのとそこで日本の雑誌も読めちゃうので、私にとってとても便利な美容院でした。お値段もリーズナブル。ロンドンでちょっと名前ある美容院へ行くと70ポンドはとられるので、40ポンド代はありがたいです。勿論マッサージ付きですよ😊勿論、技術も高いです。

Malish

最近仕事場の変更によりMoriyama へ通えなくなったのでリサーチをしていると、ロンドンブリッジ駅の近くにMalishと言う日系美容院を発見💕行ってきました。人気で予約がなかなかとれなかったです。もう随分と前から開店しているらしいのですが、全然知りませんでした。座席は3席ほどのとても小さなかわいい美容院です。

私が行った日は土曜日だったこともあり混んでました。私が訪れたその日のお客さんの7割は非日系の地元のかたでした。男性にも人気なようでした。私が見かけただけでも3-4人は男性客でした😮

ホームカット

子供が小さい頃はママ友に切ってもらっていました。旦那と息子と私の3人一気にカット、その後一緒の公園へ遊びにいったりと充実していたのですが、お互いに子供が大きくなって、土曜日の日本語学校も始まりママ友カットは難しくなってしまいました😢

一方でMixBと言う日系掲示板でホームカットをしてくれる日系の美容師さんを探してお願いしている人も多いんですよ。小さいお子さんがいらっしゃるママさんにはホームカットは有り難いです。

以上、が私の美容院経験です。自分で染めてて、髪には殆どお金をかけていない状態ですが、ご参考になればありがたいです。😁✂

参考になったと思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

【英語】日本人が間違えやすい英単語の発音

日本人にとって英語のRとLの違いも間違えやすいですが、私が間違えやすいのはそれよりオウオーの発音の違いです。

L or R

rent<=>lent law <=> raw

オーor オウ

law <=> low  ロー<=>ロウ

corn<=>cone コーン<=>コウン

最近間違えたのはこの単語💦😁日本語ではquiltをキルトやキルティングって言いますよね。英語ではクウィルトって発音します。キルトって言うとスコットランドの民族衣装になってしまいますのでご注意を😁

quilts <=> kilt クウィルト<=>キルト

20年イギリスに住んでたって間違えだらけの英語です💦

面白かったと思ったらをポチッとお願いします💖
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

イギリスの夏はキャンプを楽しもう

イギリスは夏でも湿度が無いので、アウトドアが快適に楽しめます。特にアクティブな小学生の居る家族にとってはキャンプは最高に(親が)楽な娯楽です。我が家は以前犬を飼っていたこともあり、子供ができる前からテントを持って旅行をしていました。しかし一言でキャンプと言っても好みによって色々なパターンがありますので、今年は(イギリスで)アウトドアを楽しもう!と考えているご家族は是非以下をご参考としてください。

テント派 vs キャラバン派?
テント: 安上がりです。勿論高額なテントも存在しますがキャラバンに比べると安いですし、保管に場所を取りません。キャンプ場の宿泊が初めての人はテントを購入するか、グランピングと言われるキャンプ場に設置してあるテントをなどを使用しましょう。これは好みの問題かもしれませんが、テントのみのキャンプ場の方が環境が良い気がします。一方で、テントの場合は到着後に組み立てなければならない、悪天気に弱いという弱点があります💦

キャラバン: 到着後の組立も無く、パッキングが楽です。キャラバンサイトにはキャラバン用の電源のあるところが多く、悪天候の時はテレビを見たり、寒ければヒーターを付けたりできます。日本では考えられないでしょうが、イギリスでは真夏も夜はひんやりですので、ヒーターがあると心強いです。一方で、キャラバンを使用してない時の保管場は気をつけなければなりません。路上駐車場や多くの住宅駐車場でキャラバン保管が禁止されています。一軒家で車庫のあるお家でないと、保持が困難になります。どうしてもキャラバンがいい場合はレンタルする事も可能です。

滞在型 vs 移動型
滞在型: 大きなテント、シェルター(ガジボ)やキッチン設備を持ち込んでフル装備のキャンピングスタイル。一箇所のみの滞在で、そこを拠点に近場で遊びます。子供が居るお宅はこのパターンがお薦めです。我が家も子供ができてからこちらのパターンに変わりました。荷物が多くなるのである程度の車のサイズが必要になります。

移動型:身軽でコンパクトなキャンプ用品を使用して、一箇所1〜2泊程度の宿泊で旅をしながらキャンプサイトを寝泊まりの手段とする。
食事は近所のパブなどを訪れ、キャンプ場で簡単な調理するのみ。わたし達はその昔このパターンでした。特にクラッシックミニに乗っていたので、荷物を乗せる場所が限られていたのと、後部座席には犬のスペースが必要だったので、キャンプ用品はかなりコンパクトなものを買い揃えました。そしてキャンプ場も予約無しで当日飛び込みで見つけました。ラッキーなことに車もテントも小さかったので、通常どこも受け入れてくれました。子供のいないカップルで、その日その日で行き先を決める様な自由な旅行をしたい人にお薦めです。安上がりにヨーロッパ周遊もできます。ヨーロッパの施設はプールが、付いているところもありますよ。

毎回同じキャンプ場 vs 違うキャンプ場
同じキャンプ場:イギリスでは、毎年同じキャンプ場へ同じ時期に訪れる家族がとても多いです。勝手がわかって楽だからでしょう。それに子どもたちはキャンプ場に到着してしまえばどこも一緒と言ったところ。従兄弟、兄弟、他の子供達と楽しく遊べることが出来ればそれでいいんです。キャンプ場を去る際に翌年の予約をします。祝日の週末や、学校がお休みの時期は混み合うので皆さんそうするようです。

違うキャンプ場: 毎回次回の行き先を調査して違う場所を楽しむ家族もいます。我が家はこちらのパターンです。行き先を調べるのは面倒だけど、それも楽しみの一つです。色々なキャンプ場を体験するのも楽しいですし、毎回キャンプ場近隣の違う村や町を楽しめるのもボーナスです。ただ、滞在型テント派は到着後にテントを組み立てることも考慮すると、家からの距離、移動時間をある程度に留めることをお薦めします。5時間車で移動したあと休む間も無くテント組み立ては苦しいです。そういう点キャラバンはその必要がないので良いですね。

以上が私の経験に基づくイギリスでのキャンプの楽しみ方です。面白かったと思ったらランキング参加のアイコンをポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ