【英語】発音練習方法

英語は日本語に比べてイントネーションがあり、リズムが不自然だと聞き取ってもらえない事があります。また、趣旨とは違った意味合いで受け止められてしまう可能性もあります。

自分の体験から、日本人が苦手な英語のリズム感を付けるには英語の歌を歌うのが一番だと思います。

私も小学生5-6年生に洋楽を聞き始め、意味もわからず真似して歌っていました。意味なんて分からなくてもいいし、実際の正確なセンテンスでなくてもいいんです。「こんな風に聞こえる」 を其のまま声に出して歌うのが一番です。ディズニー映画のテーマソングでもいいかもしれません。

”フローズン”が一昔流行りましたが、そのテーマソング Let it goを歌うときは

レリッゴー”って発音しないと音楽に合わせて歌えませんよね。でもきっとそのまま歌無しで読むと”レットイットゴー”と発音する人が多いのではないでしょうか。

歌の良いところは、ネイティブに近い発音とリズムを取らないと歌詞が音楽と合わないところです。自然に英語のリズムが見に付くのでとってもお勧めです。

今ホットなエドシーランのバラード系で練習してみたらいかがでしょうか。

洋楽に興味はない人は、お気に入りの映画のセリフを真似するのもいいと思います。何しろ声に出すことによって口の筋肉の訓練になります。赤ちゃんが大人の真似をして覚えるのと似た感覚です。気に入ったフレーズがすらっと口から出てくるまで、何度も発声し、文字を読まずに映画の登場人物と同じようにそのセリフが言えるようになるまで頑張ってください。

発音がカタカナだと、どんなに完璧な文章でも理解してもらえない可能性が高くなりますので、スムーズな会話のためには、発音練習はリスニングと共にとても重要です。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

アマゾンビデオで見る人気外国映画

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.