【英語】イギリス人の挨拶

イギリス人の毎日の挨拶で一番一般的なのは

Are you ok?

Ok?

Alright?

未だに返答が苦手です。毎日交わしているのにも関わらず。

イギリス人同士はこんな感じで挨拶を交わしているのをよく聞きます。

A: Alright?

B: Yeah, alright, you?

A: Good thanks.

または

A: You ok?

B: Yes, good thanks, you?

A: very well, thanks

ってな感じですかね

私はどうしてもyou?と付加が出来ず、How are you? とか How about you?とフルセンテンスで聞き返しちゃいます。癖ですね。You?って何か失礼な感じがしちゃうんですよね。私の頭の中で「あんたは?」っていう訳になってるからかな?

How are you?と言う質問に多い回答は、Not too bad これってアメリカでは言わない様です。

A: How are you?

B: Not too bad, yourself?

A: Not too bad at all.

B: Good

あと、必ず皆さん質問の後に名前を付けます。これも私が苦手な習慣です。

Good morning, Jenny.

How are you, Kate?

また、終業時間近くになると

Any plans for this evening, John? の様にとめどもない会話をしてきます。私は通常特に何のプランも無いので毎回返答に困りますが、No, nothing specialとか言って、すぐにyourself?と聞き返してその場をしのいでます(笑)聞いてくる相手がなにか特別なイベントがある訳でもないんですよね。”Same here”と答えが帰って来るか、取り留めの無い今夜の夕飯プランを話してきたり。結局目的は会話をする事なんだと思います。内容は何でもいいんですよね。それがイギリス流礼儀作法なんでしう。

イギリス人は当たり触りの無い会話をするのがとても上手ですね。お天気の話(暑い、寒い、雨が降る)なども好きですね。

先日は、大きな虹がオフィスの窓から見えたとき pot of gold at the end of the rainbowって言う表現知ってる?などと聞いてきました。

男性陣はやっぱりフットボール(サッカー)の話題が多いですね。

就業時間、結構みんな黙々と仕事をしているのですが、そんな中でも、こんな何気ない会話で同僚とのコミュニケーションを図っている感じがします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村

海外子育てと日本語学習 ①

これは私にとって永遠のテーマです。

残念ながら、子供が両親の母国語を何の努力もせずにして習得すると言うことはありません。現地の言語、家庭での言語、学校やお友達との間で使用する言語によって習得度が違ってきます。当然のことながら、一番触れてる言語が優位になるわけです。

我が家には8歳の息子がおり、学校と家庭の言語が英語なので日本語の習得に苦労しています。共働きですので、息子が日本語と接触する時間が極端に短く、その為、特に小さい頃は日本語を勉強する意味が理解できないようでした。強制すると抵抗もしますし、それによって日本語がトラウマにならないようにと飴とムチで付かず離れず続けて来ました。

ロンドンで子育てをしている仕事場の先輩から「うちは毎日欠かさず寝る前に読み聞かせをした。」と言うアドバイスを貰い、読み聞かせは頑張って続けていますが、毎日は出来てません😢

抵抗期

うちの場合、5-6歳のころ日本語学習に対し抵抗がありました。何度か、「どうして日本語を勉強するのか」と聞かれ、その時の私の答えは「おばあちゃんは英語が分からないから、好きなおもちゃを買ってもらえないよ」でした。子供なりのモチベーションが必要ですよね。

この時期は現地校もスタートし、友達の和が急に広がる時期。独立精神も出てきて学校で学ばない日本語学習の目的に疑問を思いはじめるようでした。そして、読み聞かせ用の絵本選びも難しくなってきます。

ある程度込み入った物語に興味を持ち始め、現地校で読む本のレベルが上がってきます。一方で同じレベルの物語を日本語では理解が出来ず、2つの言語レベルに大きな差が出てきた時期でした。その結果、本人も戸惑いを感じたのでしょうか、必要の無い日本語をなぜこの母親は無理矢理使うのか、と思っていたようでした。家族の言語が英語なので「ママは英語ができない」と言う理由は当然使えず、日本語学習のモチベーションを考える時期です。

うちに場合、この時期が一番の試練の場でした(今のところ)。その時、助けられたのは同年代の日本人ハーフの男の子友達です。なぜ男の子、とわざわざつけたかと言うと、この時期、男の子と女の子の遊び方に差が出はじめ、女の子しか持たないお母さんには理解できない悩みも一杯あるからです。女の子の方が精神的発達が早く、落ち着きがありますし、日本語学習に対しても積極的な印象を受けました。一方で男の子チームは体を動かすことが一番楽しく、分けの分からないから言語が面倒なようでした。

次回は「どうやって抵抗の山を越えるか」です。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村

イギリスが目覚めるとき

いよいよ夏時間の到来です。

3月と10月の年2回、イギリスでは1時間の時間調整があります。冬時間のグリニッジ標準時は10月最終日曜日から3月のの最終土曜日の5ヶ月で日本との時差が9時間、一方夏時間は3月最終日曜日から10月最終土曜日までで、時差が8時間に縮まります。この夏時間の到来のより、一気に日暮れ時間が遅くなるのです。

今年は3月最終日曜日が31日だったので、とても遅い夏時間の到来でした。この頃徐々に気温も暖かくなってくるのですが、緯度の高いイギリスはちょっと風向きや気圧の変動によって温度が10度も上下します。先週はぽっかぽかの春日和で、お天気もよく、お散歩や日向ぼっこ日和でした。しかし日曜日に7度下がり今週は最高気温10度以下の日々が再来します。冬に逆戻りです(泣)

3月の時差調整は日曜日に1時間損をした気分になります。朝7時に起きたつもりが、実は8時へと化けるのです。その為、翌日の月曜日は出勤が特に辛いですね。例年はイースターホリデーとかぶっているケースが多いので子供が学校に戻る頃には時差ボケが調整されているのですが、今年はイースターも遅く、月曜日は平常通りの通学で、我が息子も朝「眠い」とぼやいていました。

ちなみにヨーロッパ大陸でも同じ時間調整がされるため、イギリスとの1時間時差は変わりません。これから6月まで日が益々長くなり、夜11頃まで暗くならない時期が来ます。これもまたこれで慣れてないと寝不足になります。そのため我が家は暗幕カーテンを使用してます。

ともあれ夏時間の到来により冬が開けた〜という清々しい気分になります。そして今後、屋外でのイベントが増えてくる時期でもあります。個人的にはロンドン旅行は5月〜7月がおすすめですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村