イギリスのスーパー

イギリスの大手スーパーと言えばTesco, ASDA, Sainsbury’s が3大手で、巨大店舗からコンビニのような小さなお店まで色々なサイズが存在します。

Sainsbury’sは一時、景気が悪くロンドン市内でも大規模な店舗が次々に閉鎖したのですが、ここ数年は新築アパートの一階に店を開くコンビニサイズの店舗が大量にオープンし、生計を立て直した様に思われますが、2018年はASDAに2位の取られたようですね。

参考記事

一方、ここ10年ほどでマーケットシェアを大拡大したのはドイツの激安スーパーLiddleとAldi。昔から存在してたのですが、以前は利用したことがありませんでした。しかし近年、安くて質が良いと言う噂が広がり、今ではメジャーの仲間入り?!。というか?我が家でかなり各上げになりました。

参考記事

偽造のようなブランディングがAldiは面白いのです。一瞬見ると有名ブランド食品、でもよくみると違う….(笑)馴染みのあるパッケージだからこそついつい買ってしまう心理を利用した商戦です。

Tescoなどの大手と大きく違うのは品数が少ないこと。季節の商品やキャンペーン商品があり、例えば、粉チーズやチリソースの買えない時期があったりします。でも、品数が少ないと、どれを買うか迷うことも少なくて済みます。

お店のサイズも大手と比べると小ぶりな店舗が多いですが、その為か我が家が愛用している店舗では大きなショッピングカート台数を制限しているのか、手さげカゴしか無いときがあります😅。 しかし、とってもお安いので、そんな不便さをも乗り超え、せっせと毎週通っております。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください