ロンドンの地下で大工事 スーパースアー(巨大汚水処理施設)

ロンドンの排水口は150年ほども前に作られたものが未だにそのまま使われている。 …と言うわけで、汚水の処理が追い付かず、溢れた時はテムズ川に垂れ流している状態なのだ。汚なーい😱

この問題を解決すべく、ロンドンでは2016年から大工事が行われ、2023年に完成予定。25キロの長さでActonからAbbey Millsまで続く。正式名は Thames Tideaway Tunnel 直径が7.2メートルのトンネルだ。

現在使われている排水口は1859 – 1865 にSir Joseph Bazalgette によって4百万人の人工を想定して構築された。しかし、2012年時点でロンドンの人口はその倍に到達し、限界を超えているなんてものではない。テムズ川の汚染もひどく、その問題をも解決すべく、工事がスタートした。実はテムズ川はインドのガンジス川より汚ないかも…。

我が家から一番近くのテムズ川沿いに工事用のアクセス口があり、近所の人たちは昼間工事の騒音で災難を被っていると言う話をテレビのドキュメンタリーで見た。7年間ずーっと騒音がすごいとは思えないが、最初のアクセス口を掘っていた時は騒音がのみならず、振動も感じたはず。

その辛さは良く分かる。私の仕事場がある事務所のビルが古いため工事が行われているにだが、騒音と振動がひどい。就業時間内は控える事になってる様だがひどい時期があった。。音より振動の方が不快なものだ。机の上の水が振動して、まさにジュラっシックパークの1シーンのようだったのだ。

予定通りに進んで2023年完成予定。実際は2025年くらいに完成になるのでは?結構長いね。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.