【英語】通常複数形で使われる単語と数えられる名詞

靴、くつ下、ズボン、ハサミ、メガネは日常会話で頻繁に出てくる単語ですが、注意しなくてはならないのは通常複数形で使用されるところです。中学英語で習いますが、会話してる時意識しないと間違えちゃうんですよね。

頻繁にメガネを紛失する息子に

Where is your glasses? ☓

Where are your glasses? ◯

日本人の私からすると絶対にバラバラに使用しないメガネ、ズボン、ハサミを複数扱いするのは未だに違和感あります。

強いて言うなら、眼鏡はその昔、レンズ一つで使われていたから、なのでしょうが、ズボンは足一本だけのってないでしょう? 不思議です。ちなみにイギリスではズボンをtrousers. アメリカ英語のpantsはイギリスでは下着になります。日本のパンツと同じ意味。

ウィキによると...

The words trousers and pants are pluralia tantum, nouns that generally only appear in plural form—much like the words scissors and tongs, and as such pair or trousers is the usual correct form. However, the singular form is used in some compound words, such as trouser-leg, trouser-press and trouser-bottoms.

もう一つ言うと、数えられる名詞(countable)、数えられない名詞(uncountable)にも悩まされます。

Spaghetti は数えられない。でもnoodle は数えられます。見た目は同じ細長い食べ物ですよね。これはスパゲッティーが(割と近年入ってきた)外来語だからなのかもしれませんが、ともあれ、これはある程度覚えるしかない様です。見た目だけで判断ができません(笑)

他の例

Too many sweets (countable)

Too much candy (uncountable)

I had a piece of candy/chocolate(uncountable)

名詞のタイプの判断は冠詞の a/anを付けるかどうかのキーポイントになります。私はその昔、冠詞なんて間違えても通じるしー、とあまり重要視してませんでした。しかし、ネイティブからするとこれがある無しで、文章の流れやリズムが大きく違い、自然か不自然な文章の違いになるそうです。そして発言者の表現しようとする意味もはっきりします。

また、単語によって両方使用する場合もあり、冠詞ある無しで意味が全然違います。

She’s got grey hair (頭に生える髪全体が白髪)

She’s got a grey hair(頭に一本しか毛が生えていないか、その一本以外は白髪ではない)

冠詞、数えられる名詞は日本人にとって、苦手な分野です。沢山の文章を読んで例題を多く頭に入れたり、作文した時にその文をグーグルして見るのもいいと思います。ヒットが多い=自然な文章…の可能性が高いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください