イギリスが目覚めるとき

いよいよ夏時間の到来です。

3月と10月の年2回、イギリスでは1時間の時間調整があります。冬時間のグリニッジ標準時は10月最終日曜日から3月のの最終土曜日の5ヶ月で日本との時差が9時間、一方夏時間は3月最終日曜日から10月最終土曜日までで、時差が8時間に縮まります。この夏時間の到来のより、一気に日暮れ時間が遅くなるのです。

今年は3月最終日曜日が31日だったので、とても遅い夏時間の到来でした。この頃徐々に気温も暖かくなってくるのですが、緯度の高いイギリスはちょっと風向きや気圧の変動によって温度が10度も上下します。先週はぽっかぽかの春日和で、お天気もよく、お散歩や日向ぼっこ日和でした。しかし日曜日に7度下がり今週は最高気温10度以下の日々が再来します。冬に逆戻りです(泣)

3月の時差調整は日曜日に1時間損をした気分になります。朝7時に起きたつもりが、実は8時へと化けるのです。その為、翌日の月曜日は出勤が特に辛いですね。例年はイースターホリデーとかぶっているケースが多いので子供が学校に戻る頃には時差ボケが調整されているのですが、今年はイースターも遅く、月曜日は平常通りの通学で、我が息子も朝「眠い」とぼやいていました。

ちなみにヨーロッパ大陸でも同じ時間調整がされるため、イギリスとの1時間時差は変わりません。これから6月まで日が益々長くなり、夜11頃まで暗くならない時期が来ます。これもまたこれで慣れてないと寝不足になります。そのため我が家は暗幕カーテンを使用してます。

ともあれ夏時間の到来により冬が開けた〜という清々しい気分になります。そして今後、屋外でのイベントが増えてくる時期でもあります。個人的にはロンドン旅行は5月〜7月がおすすめですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください