【英語】Await とWait

20年以上ロンドンに住んでいるのだが、await という単語を使い始めたのはつい数年前のこと。学校ではWait forと習うけどAwaitは習った記憶がない。 ちょっと調べてみると、Awaitはフォーマルな印象を与えるので、ビジネスで使われることが多いらし。

大きな違いは二つ

  1. 文法的な違い (grammatical structures)
  2. 正式度(formality)

1.文法的な違い

waitは目的語なくして使用することができ(例1)、また他の動詞と一緒に使用することがある(例2)。さらにはfor と一緒に時間を表すことができる(例3)。

例1 ) We have been waiting and waiting and waiting and nobody has come to talk to us.’

例2) I waited in line to go into the theatre.

例3)I have been waiting here for at least half an hour.’

2.正式度

Await はwaitに比べて正式度が高くビジネスレターに使われる。

BBCではこのような説明がされているのでご参考まで。

BBC learning English

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください